北軽井沢でキャンプしてから義実家・実家を弾丸で巡る車旅2泊3日

ちょっと家族のアレで群馬へ行ってきました。ほぼ下道で。

1日目

朝6時に家を出るはずが寝坊して6時半出発。

前日に奥さんが握ってくれてあったおにぎりをほうばりながら走ります。

突然のお出かけに困惑している大五郎くんは座り方が定まらない。

なぜならこの日の出発は前日に決まったからです。

およそ3時間後、ぼくらは岐阜県中津川市の道の駅「賤母しずも」にいました。

娘のオムツを変えたりミルクを飲ませたりします。

冷たい水を吐き出すカメがいました。

そこからまた2時間後、ぼくらは道の駅「小坂田公園」にいました。

ランチ休憩をとります。

小坂田食堂の名物らしい山賊焼をいただきました。

でっかい胸肉がパリッと揚がっています。

筋トレ後に食べたら大胸筋がなかやまきんに君みたいになると思われる。

食堂横のマルシェで食後のスイーツを買いました。

あとお土産や乾杯ジュースも買いました。

シュークリーム大好き夫婦なのですが、これは今まで食べてきた中でもトップクラスで美味しかったです。

生クリームがくどくない。

そこからまたさらに2時間後。

今夜のお宿にチェックインをしました。北軽井沢のスイートグラス。

GWに9泊10日で義実家に帰った際、大学野球の同級生ネギがおすすめしてくれたキャンプ場。

今回は木立サイト80というスペースを予約。

スイートグラスはWebで事前予約ができるのですが、前日遅くに行くことが決まったので空いているであろうと見越してこの日は出発。

走りながら営業開始後に奥さんが電話をしてくれて無事に予約が取れました。

人気のキャンプ場らしいですが、我が家は平日であろうと好きな時に動けるので問題なし。

到着後、奥さんが娘に離乳食を与えてくれている間に男は薪割りに行きます。

このキャンプ場はなんとコロ薪が無料!

山積みされた薪を自分で割って使うことができます。

こんだけ山積みになっていれば早い者勝ちでなくなることもなく、利用者同士で薪を巡った争いが繰り広げられることもないでしょう。

ネギがこのスイートグラスを推していたもう一つの理由が家族風呂です。

薪割り放題、家族で入れる専用風呂。

もうこれだけで元はとった気がします。

お風呂場はこんな感じでTHE 家のユニットバスな作りです。

お湯を貯めて入って、お湯を抜いて掃除をして出るまでで45分なので、ちょっとだけ慌ただしいですが清潔感あって満足。

前回の和歌山旅では道の駅でみかんジュースを買っておいしく飲んだので、その土地の名産果物ジュースで乾杯するのありですねってことで、今回は小坂田公園で買ったシャンマスカットジュース(1,700円)をいただきます。

酒飲みまくっていた頃は数千円する四合瓶の日本酒を躊躇なく買いまくって酩酊していたのに、なんで酒よりも体に良さそうなフレッシュジュースは買うの躊躇するんだろうね?と奥さんと話しました。

これがおそらく酔っていない正常な反応という結論に至りました。

夕飯はカレーです。

牛肉、にんじん、玉ねぎ、じゃがいも、ズッキーニを使ったいわゆる普通のカレー。

カレーの美味しさは最初に玉ねぎをどれだけ根気よく炒め続けられるかで9割が決まると思う。

クミンを入れ忘れて甘めの仕上がりになりましたが、おいしかったのでよし。

食後はタダで拾えるコロ薪を燃やしながら…

小坂田公園の道の駅で買ったプリンを食べながら…

ホットチャイを淹れて飲みました。

キャンプ場手前の傾斜のある坂道を一気に登って標高1,200mまで来たので夫婦揃って謎の頭痛。「これが…高山病か」となりながら22時半には寝ました。

2日目

正しいランニングの習慣化方法を知っていますか?

毎日ウェアに着替えて靴を履き外へ出ること。

たったそれだけです。

なので旅行中も欠かさずランニングシューズに履き替えて外へ出ます。

そうすれば自ずと走り出す。

ちなみに写真に撮り忘れましたが、前日は出発前に走れなかったのでキャンプ場到着後に家族風呂へ行く前に奥さんと交代で走りに行きました。

昨日の残りのシャインマスカットジュースをお目覚でいただきます。

昨日の夜に作ったカレーが馴染んでおりうまい。

高原は涼しいのでカレーの作り置きも比較的安心ですが、これからの暑い時期に平野でキャンプした際は心配ですね。

前回から仲間入りしたコーヒーグッズをおくためのローテーブルもいい感じ。

娘はミニテントの中で機嫌良く遊んでいます。

飽きたら車内のベッドキットに移動できるのが車中泊仕様のいいところ。

ゴロゴロさせやすい。

ちなみに今回の設営はこんな感じ。

到着時の日の向きで方角を考慮しながら、翌朝まで快適に過ごすことまで考えられるようになってきました。

食後は分担して撤去作業と離乳食。

この日はいい感じに曇ってくれていたので、カーサイドオーニングを早めに片付けても涼しい場所でご飯が食べられました。

で、残った食材を炒めたりスープにしたりして早お昼。

カンボジアの食堂で出てきそうなメニューになりました。

チェックアウト後は敷地内のヒュッテに立ち寄りました。

ドリンク一杯無料券をもらえたのでアイスカフェオレをいただきつつ、くるみパンをおやつに購入。

ネギ曰く、ここのピザがおいしかったそうなので次回はぜひ食べたい。

ヒュッテは内外に飲食スペースがあります。

ペットと一緒に入店もできるので、次回は二泊三日以上で来てこの辺でのんびりするのもあり。

オーガニックのジャムとか

軽井沢ブレンドコーヒーとか

ポップコーンなどおいしそうなものがたくさん売っていました。

その後は車を走らせて前橋市内の病院へ。

実は今回群馬に来ることになった理由はお義父さん。単身赴任先で体調を崩して入院中とのことで、急遽お見舞いに来ました。

「遠いからわざわざ来なくていいよ」とも言われましたが、逆の立場で考えて単身赴任の地で入院して誰も来てくれないの寂しすぎますよね。

言動はブーメランだと思っており、今やっていることはいずれ自分に返ってくると思っているので、自分がされて嬉しいことは人にもやる。

こういった家族の事情の際に真っ先に動けるために今みたいな働き方をしているので来れてよかった。

真っ白なスケジュール帳とフットワークの軽さはやはりぼくの大事な武器です。

仕事を理由に行かないこともできますが、家族が大変な時に時間が使えない仕事って「誰のために働いてるの?」って思ってしまう性分なので、やはり家族のために時間が使える人生は最高だと思いました。

とは言っても、病院は未だに一回の面会は2名までで15分、小学生以下は不可という謎ルールなのでぼくは会えず。

駐車場でコーヒー淹れて娘と留守番しながら、奥さんに行ってきてもらいました。

これも何かの対策なのかもしれませんが、こんなルールのために家族の最期に立ち会えない人もいるかと思うと胸が苦しくなります。

結局これも「誰のためのルールなの?」って思ってしまう。

お見舞いの後は館林にある茂林寺というたぬきがいっぱいいるお寺へ。

奥さんが子どもの頃、よく家族でお参りに来ていた思い出のお寺らしい。1日も早い回復を願うばかり。

分福茶釜のモデルになったところだそうです。

Audible
¥500 (2024/07/17 22:33時点 | Amazon調べ)

で、この日の夜は奥さんの実家のある埼玉で一泊。

夕飯はうなぎが出てきました。

お義母さんがふるさと納税で購入したらしい。

我が家もそろそろ今年のふるさと納税を考えねばと思っていたところ出てきたので「うなぎいいな」と思いました。

食後はお義母さんが職場でもらったというアイスをいただきました。うまいうまい。

名古屋の自宅から岐阜、長野を抜けて群馬、埼玉と全て下道で走ってきた我が家。

娘も猫もヘトヘトです。

奥さんも頭痛が治りきらずみんなヘトヘト。

3日目

朝ごはん。

ちょうど昨夜、ウチの実家から奥さんの実家へお中元が届いており、その中の焼き魚をいただきました。

添えられている茗荷の和物が絶品すぎておかわりした。

お義母さんのご飯はとてもうまいので、完全に奥さんのルーツになっていると思う。

義実家くるとついつい食べすぎてしまう。

この日は奥さんの妹も子どもを連れてやってくるということで、人口密度が高まるためジムへ。

朝食前も走りましたが、義実家とジムの往復もランニングで行きました。

この日の走行距離は6km超え。

体脂肪を持久力に変えてくれる飲み物うまい。

家に戻るとプール開きが行われておりました。

汗だくで帰ってきたのでそのままダイブしたい気持ちを抑えて大人の振る舞い。

お昼ご飯はお義母さん特製のナンピザと冷やし中華。

娘の従姉妹(5歳)がお手伝いしてトマトやピーマンやチーズを振りかけてくれていました。

暑くなってくるとお昼に冷やし中華食べたくなるよね。

あと写真には撮っていませんが「前日のうなぎのタレごはんがあるけど?」と言われて「食べます」と即答。

炭水化物多めに食べましたが6km走ったので大丈夫です。

お昼ご飯をいただいて義実家を出発。

普通にこのまま高速乗って名古屋に帰ろうと思ったのですが、義実家にいることを知ったウチの父親が帰りに寄れと言うので急遽静岡の実家にも顔を出します。

来週会うのに。

娘がグズったり大人の膀胱が破裂しそうになったらSAに止まろうと思いましたが、順調に走りすぎてノンストップで静岡県内へ。

親に会う前に2人でこっそりアイスを食べます。

奥さんはほうじ茶アイス、ぼくは抹茶アイスの6番(濃さが1〜7で選べる)が好きです。

以前はクレジットカードが3,000円以上でしか使えないと言われて「値段で使えるかどうか分けるのいいんだっけ?」と思っていましたが、今回は使えるようになっており嬉しい。

で、実家へ。時間も時間だったので娘のお風呂を入れさせてもらったり、成長を見てもらったりするなど。

渡したい書類があるからと言われて来たものの「これ来週会った時でよかったやんけ」と思いました。

まあどうせ孫の顔を見たい口実だったはずなので、ちょっとした時間でも顔を出せる時に出しておいてよかったです。

夕飯に寿司を取っておいてくれました。この日のMVPはエビ。

あと母親から「買ったのに使っていないプールがあるからもらってー」と言われてお土産に持たされたプール。

なぜ60過ぎた夫婦の家から未使用のプールが出てくるのだと思いましたが、昼のプールも娘は楽しそうだったのでありがたい。

家の前で水遊びしまくろう。

まとめ

そんな感じでお義父さんのお見舞いに行くだけのつもりがキャンプ、義実家、実家と遊びや家族との交流いっぱいの弾丸旅でした。

今回の走行距離は3日で846km。車も労ってあげねば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です