7ヶ月目の育児の気づき

娘が生まれて7ヶ月が経ちました。感じたことや気づきをまとめておきます。

先月のはこちら。

寝返りチャレンジ〜継続中〜

5ヶ月目頃から「お!そろそろか?」と思い続けている寝返り。相変わらず寝返らず、あと一歩のところまでいって戻ってくる。のんびりいきましょう。

よく声を出す

天井を眺めたり、自分の指を絡めたり、本を読んだりしながら「うーうー」と声を出すことが増えました。テレビを見た時に水卜アナを見るとめっちゃ笑う。

話しかけてくる

声が出るだけでなく、目が合うと微笑みかけたり話しかけてきます。父ちゃんはイチコロです。

嘘泣き

嘘泣きを覚えました。何か要求があるけどなかなか通らない時、泣いているような声を出しつつ親を呼びます。

顔が見えると笑顔ですが、抱っこしないで見ていたり、その場を離れようとするとまたグズる。涙は出ていません。騙されないぞと思いつつ、イチコロなのでつい抱っこしちゃう。ちょろいと思われていると思う。

泣いている顔をよく見たら歯が生えてきました。下の前歯が時間差で2本。こんにち歯。

何でも触りたい

いろんなものに興味が出てきて何でも自分で触りたいお年頃。パーカーの紐なんて格好の餌食です。机の上のものや電車に乗った時の隣の人など、体を捻って手を伸ばしてまで触ろうとする。

たまに哺乳瓶を自分で持って飲みます。メガジョッキ見たいなサイズ感。

落とすブーム

掴んだものを落とすことにもハマっています。まだ自分が手を離すと落ちるという概念がないのか、腕をブン回してみたり両手を広げてパッとやって様子を見たりしている様子。

落としたら拾わせるまでがセットらしく、床に転がったものを確認するとこっち向いて「拾え」と言わんばかりに声を出します。で、また落とすの繰り返し。楽しいならよし。

子ども服

ずっとロンパースみたいな上下一体型の服ばかりでしたが、最近は上下別々のツーピースタイプが増えてきた我が子。

暑くなってきたので帽子やスイムウェアも買いました。「ブランド服はプレゼントでもらったりするもんだろ」って言いながらpatagoniaで自宅用に課金しています。

生まれてくるまでは「裸でなければなんでもいいだろ」って思っていたのに、完全にハマっています。子ども服楽しい。

車中泊デビュー

岐阜県可児市のRVパークで車中泊デビュー。BBQや焚き火をしたり、温泉(大浴場には入れないのでベビーバスにお湯を溜めて)楽しんだり、自然の中で離乳食を食べたり。車の中でもいつも通りぐっすり寝て終始ご機嫌だったので、これからもいろいろ連れ回します。

水族館デビュー

名古屋港水族館へ行ってきました。魚を目で追いかけたりしていましたが、特にリアクションはなく無言。

イルカのジャンプと同時に意識も飛びました。

電車デビュー

奥さんの実家のある埼玉へ帰った時に、都内へ出るのに電車デビュー。

都会の電車にベビーカー持ち込んだらどんな目で見られるかわからん…と田舎者の父はビビりまくっていましたが「かわいいですね」「あ、お気になさらず」「もっと広く使っていいよ」など優しい人が溢れていました。感謝。俺も他人に寛大になりたい。

食べ物大好き

娘の焼鳥デビューは二子新地のとり喜と決めています

食べ物が気になるらしくてやたらと手が出たり、羨ましい顔をしてきたりします。

そんな目されたらあげたくなってしまう…

離乳食は今のところ順調で、出したものは常に完食。一回もお残ししません。

今月はキャベツ、ブロッコリー、そら豆、バナナ、りんご、イチゴ、鯛などをクリア。

熱いもの食べた時のリアクション

まだ熱かったお粥を口に突っ込んでしまった時の「あっつ!!!」みたいな顔が忘れられない。ちゃんと感じるんですね。ごめん。

警戒しすぎて次の一口がめっちゃ慎重になったのかわいい。

ちなみに写真はイチゴを初めて食べた時の「すっぱ!!!」みたいな顔。

麦茶デビュー

そろそろ暑くなってくるし、ミルクの時間以外も水分補給したほうがいいんじゃね?ってことで麦茶デビュー。コップはウチの妹(3児の母)が買ってくれた「はじめてコップ」

咥えた時だけ中身が出て、倒してもこぼれない優れもの。いきなりこれであげても飲めませんが、スプーンで味を覚えさせたらがぶ飲みしました。

猫との距離感

相変わらずいい感じに距離を詰めつつある2人。娘は完全に大五郎くんが大好きですが、猫の方はまだ「何されるかわからん」という警戒心も残っています。

先日、ついに引っ掻かれていましたが娘は動じずめげずニコニコの笑顔を振りまいています。

大五郎くんも気にせずまた近寄っていく。

これからも家族仲良く楽しくやっていきましょう。

病院

虫刺されなのかなんなのか、右目がちょっと腫れっぽい。数日経っても腫れが引かないので念のため病院へ。

子どもの体のトラブルは全部小児科へ行けばいいと思っていたのですが、小児科の先生も困惑した様子で「眼科には…行かないんですか?」と言われて「あ、子どもも症状や部位に合わせて病院を選ぶのね」と親がまた一つ賢くなりました。

目が腫れた時は眼科へ行くといいそうです。

マジであっという間

娘が生まれたばかりのころ「新生児懐かしい〜」「赤ちゃん時代あっという間に終わるからね」「赤ちゃんのかわいさは今だけだよ」など言われても「新生児ってそんな特別なの?」「まだもうしばらく赤ちゃんでは?」くらいにしか思わなかったのですが、マジであっという間ですね。

ウチの子も他人からしたらまだまだ赤ちゃんの括りだと思いますが、自分の子は日に日に変化していて赤ちゃんらしさから子どもらしさに変化しているのがよくわかる。

気づいたらできることが増えて、自分でやるようになって、いつかは構ってもらいたくても憎らしい口を叩いたり煙たがられたりするのかなと思うと、今この時間を惜しまず楽しみたい。

今月の気づき:人の子と比較した発言をしない

娘「君は全身モフモフだね」

「子育てどう?」とか聞かれて現状など伝えると「うちの子は全然食べてくれなくて嫌になった」「うちの子なんて全然寝てくれなくて地獄だった」「うちの子は水がダメでお風呂の時間が大変だった」みたいな子の様子ではなくて親の感想を言う人がたまにいますが、そうやって些細なことでも他人と比較してできていないことへ着目した発言ばかりしていると、この先もずっと他人と比較して自分を悲観した人生を生きていく子になりそう。自分は自分の子と他人を比較した発言をしないように気をつけようと思う。

よく食べる子、よく寝る子、よく笑う子、よく泣く子。いろんな子がいてそれでいいのに、わざわざ人と比較することを早くから教えなくていい。やらないことを「できない」「ダメ」という言い方も気をつけたい。

抱っこしてもらった人

大学時代、死ぬほどお世話になった焼鳥屋のママさん
学生時代、死ぬほど鍛えられたバイト先のマネージャーと優しい奥さん
カンボジアで会ったお姉様たち
こちらもカンボジアで会ったお姉様
カンボジアで会った偉い人

まとめ

そんな感じで今月も大きな問題なく健康に育ってくれています。大変なことも多いけど、子が育っていく様子は楽しい。しんどいこともいつか終わるので、今しか見られない表情や仕草をもっと大事にしていきたい。

コーチング希望者募集中

期間限定でコーチングの無料枠を開放しております。

【完全無料/オンライン対応/先着順】

・コーチングに興味がある
・現状を変えたい
・自分の可能性を広げたい

体験希望者はこの機会にお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です