東京2泊3日【2024年6月】

単身で東京へ行った日の旅行記です。

期間は二泊三日。目的はコーチングスクールへの参加です。

東京1日目

朝5時に起きていつも通りのモーニングルーティンをこなして、奥さんが作ってくれた朝ごはんを食べて出発。

雨が降っていましたが、家からバス停まで近いし、バス乗ってしまえば駅に着くし、駅に着いてしまえば乗り換えは濡れないし、晴れ男だから東京着いたら雨は降っていないだろうから傘は不要と言う判断をしました。傘ってだるい。

名古屋駅。ホームの喫煙所では喫煙者たちがぎゅうぎゅうになりながらタバコ吸っています。客観的に見るとすごい光景ですが、かつては自分もそこに押し入っていた1人。立場が変わると景色も変わる。離脱できて本当に良かった。

前回の反省を活かして、旅中は仕事をしないことにしましたのでMacBookは置いてきました。新幹線内ではKindleで本を読んだり、思ったことメモしたり、眠くなったら寝たりするなど。

品川に着いても雨は止みませんでした。前回仲良くなった人が会場のすぐ近くに住んでいると聞いたので「何時に五反田着く?傘ないから入れて」とLINEしようと思ったのですが、なんかちょっと遠慮してしまい、雨にも濡れない速度で走っていけばいいかと思って走りました。びしょ濡れで会場に到着しました。やっぱ呼べば良かった。

コーチングスクールは10時開始。この日のお昼はトンカツと決めていたので、気になっていたお店にダッシュで行きました。「お昼どうします?一緒に行きません?」の波に飲まれると、食べたくないお店に行くことになるので、昼休みになったら一目散で外へ。

相変わらず雨が降っていましたが、いいんです。俺は自分が食べたいものを食べたい。

ということで念願のトンカツにありつきました。最高にうまい。

金土日と続くセミナーですが、このお店は土日休みなので、次回のセミナーも初日はここに来ようと思ったのですが…。

食べ終わって外へ出るとこのお店の2階にも気になるお店があり、そちらも同様に土日休み。ということで、次回はこのお店の2階にある「HANARE」という魚料理の定食を目掛けてダッシュするかもしれません。その日の気分で決めます。

で、午後の部は18時に終わりました。宿のある新橋へ移動しつつ、前回見つけた最高のお店で夕食を食べましょう。

この最高のお店を前回のセミナー時に紹介したところ、一緒に行きたいと言う人がいたので一緒に行ったのですがこの事態。なんて日だ。

ということで新橋駅前に移動して雑魚というお店へ。店主に癖がありますが、ここもおいしかった。華金の新橋は祭りですね。昔なら、翌日のこと考えずに泥酔していたと思う。

解散後は安心お宿の新橋駅前店へ。ロビーで振り返りして、大浴場でスッキリして、カプセルでおやすみ。枕元の時計のデジタル表示が消せず、寝つきがイマイチでした。

東京2日目

新橋の土曜日の朝は飲んでいる人がいっぱいいます。みんな楽しそうでなにより。

ぼくは朝5時に起きて、新橋から一駅乗って有楽町へ。セミナー仲間のやっさんと一緒に皇居ランをしました。皇居ラン、初めてやりましたがいいですね。これから東京へ来た朝は走ろうと思う。

ちなみにやっさんはオンラインでコーチングの練習をしあった中でもあり、ぼくが年末までランニングを継続すると誓ったコーチでもあります。

そんなコーチやっさんに言われた「ゆーすけ、目がマジ」「見て!お堀だよ!いい眺めだね」という言葉でハッとしたことがあります。走ることに関して、ただやり抜くことしか考えていなかった。

周りの景色を楽しだりするという一面が自分にはなかった。楽しく走るランニングなんて、何のトレーニングにもなっていないと思っていました。そう、俺は全力中年!!!

厳しくないトレーニングはトレーニングじゃないと思っていた。

ちなみにこのランニングの格好で山手線に乗ることに関して恥ずかしくないの?と言われるかもしれませんが、全くもって恥ずかしくなかったです。

理由は

  • 体育大出身なのでジャージは正装だと思っている
  • 朝の新橋は千鳥足の人や呂律の回らない人しかいないので人の目が気にならない

からです。

ランニング後は宿に帰って大浴場で汗を流し、安心お宿名物の朝カレーを楽しむ!

はずだったのですが、ご飯をお釜の底から掬い上げたらピンク色のヌメっとした感じのものが付着しておりうわっ…と思いました。

そこをなるべく取り除いて上っ面を食べたのですが、なんとなく気分のいいものでもない。あと新橋駅前店のロビーは喫煙所がすぐ近くにあり大変臭え。翌朝は別の場所で朝ごはんを食べようと誓いました。

しかもコーヒーサーバーが故障していたため、ホテルにいる理由はほぼゼロよ状態だったので早めに身支度を整えてセミナー会場近くのスタバへ。

前日の振り返りをしたり、読書したりしてゆったり過ごしました。

この日のランチは以前のセミナーで出会った人が教えてくれた中華料理「陳家私菜」。本格中華が大体どれも900円で楽しめます。

麻婆豆腐が石焼スタイルでアガる。辛さが選べるので中辛を選ぼうとしたら「結構辛いよ?」と言われて少辛にしました。

辛さ的にはもう一段階上を食べてみてもいいけど、少辛と中辛の間に想像以上の大きな差があった場合、お尻の穴が火傷してセミナーどころじゃなくなるのでこれで良かったと思います。次回は汁なし刀削麺を食べてみる予定。

セミナー後は恵比寿へ移動して、大学時代の野球部の友人一平と合流。

この日はコーチングを誰かに実施するという宿題が出ていたので、一平に依頼したところ快く引き受けてくれて、そのまま一緒に夕食を食べました。

一平はもともといい男でしたが、卒業後も年々いい男になっており、会うのが毎回楽しみな大切な仲間です。いつか一緒に楽しいことやりたいって思っていたことがまた少し具体的になってきて嬉しい。

出会って20年。これからもずっと死ぬまで楽しいことやっていきたい。

東京3日目

この日は雨が降っていたので皇居へは行かず、宿の近くにあったエニタイムまで走っていき、筋トレをしました。

筋トレ後は大浴場に入ってすぐさまチェックアウト。昨日の一件でちょっと朝カレーな気分じゃないので、五反田へ移動しておにやんまで朝うどんしました。

前日は皇居ラン、この日はエニタイムと朝5時に起きて頑張った自分を特上天ぷらで褒めました。

食後は再びスタバでゆったり思考の時間。

雨が降っているので、先述したセミナー仲間(初日呼ぼうかと思ったことは伝えてある)に「雨だね」ってLINEしたら傘持って来てくれたのですが、その時には雨もすっかり上がっており晴れ間も見えたので「何しに来たの?」などの会話をして楽しみました。

最終日のお昼はカレー。本当は前回も食べた五反の蕎麦を食べにいくつもりだったのですが、道中でセミナー仲間たちと話しながら歩いており、分岐のタイミングで話が途切れてしまうことを気にして一緒に行ってしまったお店。

カレーはおいしかったし一緒に行った人たちもいい人たちなのですが、自分で決めていたものを簡単に曲げる生き方はよくない。こういう些細な妥協を繰り返していると、他人に流される人生になってしまうのでこういうところから改めたい。

で、18時に全ての内容が終了してみんなで写真を撮りました。なぜか「ゆーすけの自撮り風で撮って」という要望があり、一番前にしゃしゃり出た感じになっていますが目立ちたいわけではなくて、それはそういうことです。

セミナー後はぼくに対して「緩んだ」「固さが取れた」「柔らかくなった」などの変化を口にしてくれる仲間たちが多くて驚きました。自分では気づかないけどどうやら変わったらしい。

「小学生みたい」「クソガキ」「イタズラ坊主」など、それ褒めてんの?みたいな言葉もありましたが、多分その辺がぼくの素の部分です。この辺をもっと出していこうと思いますが、文句ありますか?

その後は行ける人だけで打ち上げ。学びの仲間と食べるご飯は楽しい。

まとめ

今回のセミナーでは何にイエスと言い、何にノーを言うのかを自分で決めると言うことがありました。

ぼくは自分の直感を信じて進むことにイエス、他人の期待に応えるように演じて生きることにノーを突きつけました。

忘れそうになったら、思い出せるような何かがあるといいってことだったので2日目の朝ごはんのカレーがついた白Tは染み抜きせず洗って、そのシミを見たら今回の学びが思い出せるようにしようと思います。

あといい仲間たちにも巡り会えたなって思ったので、解散の時にみんなが残していった名札をアイキャッチ画像にしました。これも振り返るための大切な記録。

この旅の学びと持ち物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です